【理科】反応比を使った計算問題の応用!未反応の銅の質量の求め方!

静岡市葵区・駿河区で塾をお探しの皆さん。こんにちは!

思考力学習・ミス防止を徹底指導。集団指導の学習塾WINGSです。

葵小・横内小・竜南小・城北小・伝馬町小・安東小・静大附属小・服織小

城内中・東中・安東中・末広中

静岡東高校・静岡学園高校・静岡大成高校の方々にお世話になっております。

中学2年生へ!反応比を使った応用を解説します!

模試や学調にもとても良く出題される問題なので、理科が得意な子は是非マスターしよう!

銅の反応比の解説⇒【理科】中学2年生へ!銅の酸化による反応比の計算問題!

マグネシウムの反応比の解説⇒【理科】中学2年生へ!マグネシウムの酸化による反応比の計算問題!

※今週は火曜日・土曜日にブログを更新します

未反応の銅の質量とは?

A班~D班までが実験をした結果が上記のようになったとします。

一班だけ実験の結果がおかしいことに気付きますか?

...そうです!D班の結果だけ明らかにくるっています!

本来なら銅と酸化銅は【4:5】の割合で反応して2,00gになるはずが、1,92gと少ない結果になっています。

銅が完全に酸化銅に変化する前に実験をやめてしまったのですね。

その未反応の銅の質量を求める問題を、本日解けるようにしましょう!

発想の転換!反応した銅の質量を求めろ!

これまでの解説ブログで、反応してできた酸化銅の質量

もしくは完全に反応した後の酸化銅に含まれる銅の質量は求める練習をしました。

しかし、未反応の銅の質量は直接求めることはできません!(比が4:1:5ではないからです)

よって、まずは先に反応した銅の質量を求めましょう!

反応した銅の質量の求め方!

ここで反応前の1,60g、反応後の1,92gの差、0,32gの正体を考えましょう。

何故、実験の前後で質量が増えたのでしょうか?(ここも問題で問われます)

答えは、酸化したからですよね?(つまり空気中の酸素と結びついたからです!)

これをヒントに反応した銅の質量を求めていきましょう!

よって答えは、0,32gです!

まとめ

以上が反応比を使った応用問題、未反応の銅の質量の求め方でした。

ポイントは、未反応の銅の質量を直接求めるのではなく、

反応した銅の質量を、反応前の銅の質量から引くことです!

学校のテストにも出題されやすい問題ですが、模試や学調にも必ず出題されます!

周りを差を付けたい方は是非マスターしてくださいね!

今回のブログで少しでもご興味をお持ちいただけた方、是非WINGSの授業を体験してみてください!

学習相談・無料体験から受け付けておりますので、まずは気軽にホームページから資料請求をしてください。

お問い合わせはホームページ問い合わせフォーム、または054-330-9913までお願いします。

ブログを見ました・友達から聞きました・看板を見ました・チラシを見ました。とお伝えください。

【↓夏期講習のお問い合わせはコチラ↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA