【復習のやり方】中学生必見!実は数学の図形問題って...?

静岡市葵区・駿河区で塾をお探しの皆さん。こんにちは!

思考力学習・ミス防止を徹底指導。集団指導の学習塾WINGSです。

近隣の葵小・横内小・安東小・安西小・伝馬町小、城内中・静岡東中・安東中の方々にお世話になっております。

冬期講習まであと2週間となりました。

このタイミングでこんな質問をしてみます。

皆さん、授業内容の復習は行っておりますか?

私の予習

WINGSの理系担当である私は算数・数学、理科の授業を担当しており、

当然のように予習を積んで授業に臨んでおります。

特に中学生へは現在数学で図形を指導しており、いろいろなテキスト・教科書を見ながら問題を抜粋しております。

なお図形に関する考え方は、発想の転換。補助線の引き方についてのブログを参考にしてください。

では私がどういった問題を中心に授業で扱っているのかをお伝えしますね。

・学校の教科書に載っている問題

・複数のテキストに載っている、全く同じ問題

上記2つを予習の段階で探し、授業で解説にあたっております。

数学は全く同じ問題は出ない?

よく耳にする言葉かと思います。

しかしたとえ数学といえども、出題されやすい問題はある程度決まっております。

その中には難易度が高い問題は当然含まれておりますが、

繰り返し復習をしていくことで必ず解けるようになります。

だから先ほど、『皆さん、授業内容の復習は行っておりますか?』という質問をしたのです。

理解と分かった気になることは別です!

『授業中解けなかった。』、『難しい問題で不正解だった。』...別に良くないですか?

大事なことは、同じ問題を繰り返し解いて次に出てきたときに解けるようになることです!

それが授業中にできるようになる、家で復習した時にできるようになる。どちらでも良いのです。

解けない問題を放置さえしなければ図形問題は必ず周りと差を付けられます!

その際、分かった気になって満足しないようにしてくださいね!

繰り返し解き人に説明できるようになるまで完成度を高めてください。

その理解が他の問題の応用にも生きてきます。

まとめ

関数にも同様のことが言えますが、

異なるテキストであっても全く同じ設定の問題が出題されていることはあります!

私は予習の段階でそれを発見し、優先的に授業で取り扱っています。

冬期講習でもしっかり復習ができるように、今から授業の復習を当たり前のようにできるようにしましょう!

WINGSは無駄な指導は一切いたしません。

予習で重要な問題のピックアップ。生徒さんがどこで分からなくなるのかを予め考えて授業に臨む。

WINGSで一緒に勉強できる方を募集しておりますので、気になった方は是非ご連絡下さい。

お問い合わせはホームページの問い合わせフォーム、または054-330-9913までお願いします。

ブログを見ました・友達から聞きました・看板を見ました・チラシを見ました。とお伝えください。


学習塾WINGS(ウィングス)

〒420-0839

静岡県静岡市葵区鷹匠3丁目3-1 井口ビル3階

TEL : 054-330-9913

E-mail : info@juku-wings.com

アメブロ : 学習塾WINGSのブログ (ameblo.jp)

インスタ:https://instagram.com/wings_0311

公式LINEもやってます☟

【↓中間テスト対策授業 実施中↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA