【公立高校合格へ】私立入試お疲れさまでした!公立入試までの勉強方法

静岡市葵区・駿河区で塾をお探しの皆さん。こんにちは!

思考力学習・ミス防止を徹底指導。集団指導の学習塾WINGSです。

近隣の葵小・横内小・安東小・安西小・伝馬町小、城内中・静岡東中・安東中の方々にお世話になっております。

中学3年生の皆様!朝早くからの私立入試お疲れさまでした!

まだ明日面接が残っておりますが緊張せず自分をアピールしてきてください。

また中学1,2年生の皆様は学年末テスト初日お疲れ様でした。明日も頑張ってください!

公立高校合格へ!

いよいよ公立一般入試までも1ヶ月ほどとなります。

受験生の毎年のあるある。

私立入試が終わって燃え尽きてしまった!

本番は公立一般入試です!燃え尽きている場合ではありません!

ここからもっともっと燃えていき合格を勝ち取りましょう!

そのための勉強方法をいくつかご紹介いたします。

過去問を分野別に解く

1月に5年分の過去問を解いていると思います。

2月からは分野別に各年代の問題をもう一度解いていきましょう。

例えば数学でいえば、空間図形のみを5年分解く。次は関数だけを5年分解く。

こうして単元を絞って問題を解いていくことで、

前に出題された問題の解き方と似ている!

と気付きが生まれます。気付かない場合は先生に相談してください!

特に静岡県の数学の入試問題は傾向がほとんど変わらないのが特徴です!

理科・社会の徹底

この時期になると毎年生徒さんにやってもらうことがあります。

理科・社会の学校の教科書6冊分を全て読み込むことを。

公立一般の入試問題は基本的に教科書の内容から出題されます。

6冊分の教科書が丸暗記できていればほぼ満点が取れます。

しかし静岡県に限ってはそこまでする必要はありません。

問題演習で間違えたものを教科書で確認する。これで十分です。

復習が不十分で『同じ問題で間違える』『2択で間違える』こういったことを防いでいきましょう。

また静岡県は他県と比べて教科書の隅々から出題されることはほぼなく独特な記述問題が多いのが特徴です。

他県ではインプット中心の勉強が有効ですが、静岡に限ってはアウトプット中心に勉強し不足している知識を再インプットしていくことが重要です。

隙間時間の使い方

とりあえずやるべき勉強は終了した。夜ご飯まであと10分。

皆さんなら勉強を続けますか?休憩しますか?

私はどちらもおすすめしません。

中途半端な勉強は効果が薄く、10分後に食事という休憩があるのに今から休憩するのはもったいないからです。

こういった隙間時間を活用して

その日勉強した内容の振り返り

英単語や漢字の暗記

時間のかからないシンプルな勉強をすることが望ましいです。

1分1秒を無駄にすることなく学力を上げていきましょう!

最後に

正直私は静岡県の数学の入試問題をはじめて解いたときに解けない問題はたくさんありました。

理由は傾向が他県と異なり解き方のイメージが湧かなかったからです。

それでも分析を重ね今ではどんな問題でも解ける自信があります!

新学年に向けて塾を探している方が増えております!先月も複数お問い合わせをいただいております!

静岡県を研究した学習塾WINGSで是非一緒に勉強してみませんか?

お問い合わせはホームページの問い合わせフォーム、または054-330-9913までお願いします。

ブログを見ました・友達から聞きました・看板を見ました・チラシを見ました。とお伝えください。

【↓中間テスト対策授業 実施中↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA