【算数】小学5年生へ!単位量あたりの大きさが苦手な方へ考え方を教えます。

静岡市葵区・駿河区で塾をお探しの皆さん。こんにちは!

思考力学習・ミス防止を徹底指導。集団指導の学習塾WINGSです。

葵小・横内小・竜南小・城北小・伝馬町小・安東小・静大附属小・服織小

城内中・東中・安東中・末広中

静岡東高校・静岡学園高校・静岡大成高校の方々にお世話になっております。

教科書変更に伴い、小学5年生はそろそろ『単位量あたりの大きさ』を学習します。

苦手な方が多い単元なので、WINGS流の考え方を伝授します!

単位量あたりの大きさって何?

様々な問題に応用できますが、まずは公園の混みぐあいを表すものと思ってください。

以下のような問題を参考に、公園の混みぐあいを比べてみましょう!

1. 東公園と南公園はどちらが混んでいる?

多くの5年生はこの2つの公園ならばどちらが混んでいるのかすぐに分かります。

この考え方、覚えておいてくださいね!

2. 南公園と西公園はどちらが混んでいる?

こちらも一目瞭然ですね。

面積が西公園の方が狭いのに、人数は南公園と同じ70人。

つまり西公園の方が混んでいるというわけですね!これで2問解けましたよ!

3. 東公園と西公園はどちらが混んでいる?

だいたいの5年生はここでどちらが混んでいるのか分からなくなります。

もう理由は分かりますね?面積も人数も異なる公園どうしだからです!

ではどうやって考えればいいのか?

異なるものをそろえてあげればいいのです!

人数を面積で割って、『1㎡の中に何人いるのか?』で比べてあげます。

この『1㎡あたり』単位量あたりの大きさという考え方です!

よって混んでいる方は、人数が若干多い東公園ということですね。

まとめ

この『1㎡あたり』『1Lあたり』という考え方が単位量あたりの大きさです。

初めて習う5年生には地獄のように難しいと感じるお子様がほとんどです!

そんなときは遠慮なく塾の力を借りてください。

ちなみに過去の私の生徒さんに、面積を最小公倍数1200㎡にあわせ、

『東公園は2倍で240人、西公園は3倍で210人』と考えたお子様もいました!

面積が最小公倍数にそろえられるときは有効ですよね!

算数はこの自由な発想ができるところが難しいところでもあり、面白いところでもあります。

今回のブログで少しでもご興味をお持ちいただけた方、是非WINGSの授業を体験してみてください!

学習相談・無料体験から受け付けておりますので、まずは気軽にホームページから資料請求をしてください。

お問い合わせはホームページ問い合わせフォーム、または054-330-9913までお願いします。

ブログを見ました・友達から聞きました・看板を見ました・チラシを見ました。とお伝えください。

【↓夏期講習のお問い合わせはコチラ↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA