【時制】静岡東高校中間テスト!英語の未来形の攻略!副詞節内のwhenに気を付ける!

静岡市葵区・駿河区で塾をお探しの皆さん。こんにちは!

思考力学習・ミス防止を徹底指導。集団指導の学習塾WINGSです。

近隣の葵小・横内小・竜南小・城北小・伝馬町小・安東小

城内中・東中・安東中の方々にお世話になっております。

本日も静岡東高校の1年生さんへ!

時制の中から未来形の解説をします。最後の調整としてご覧ください。

※前回の英語の過去形!~時制の一致と不変の真理~も是非ご覧ください。

未来形の作り方

静岡東高校の皆様にこんなことは伝えるまでもないかと思いますが、

未来形はwillもしくはbe going toを使って表現します。

【例】彼女は来週忙しいでしょう。

She will be busy next week.

以上です。早速高校内容に入っていきましょう!

副詞節を作るwhen内では現在形

【例】彼女が帰ってきたとき、私は夕食の準備をします。

I will prepare dinner when she comes back.

when節内に注意してください。彼女はまだ帰ってきていない。

つまり未来のことですが現在形で表現しなければいけません!(sの付け忘れに気を付けてください!)

簡単に説明するとwillは『~するつもり』という意志を表す時にも使用します。

従って可能性の低い文ではwillは相性が良くありません。

もしかしたら『彼女は返ってこないかも...?』そんな可能性も考えられますよね?

よくわからない方はwhenを『~のとき』と訳すとき(副詞節内)は未来形ではなく現在形で表現してください。

名詞節を作るwhen内では未来形

【例】私は彼女がいつ帰ってくるのかわからない。

I don't know when she will come back.

文型を考えましょう。

when she will come back はknowの目的語になっています。

つまりS+V+Oの第3文型であり、when she will come back名詞節を作っています。

この場合はwhen内であっても未来形で表現できます。

よくわからない方はwhenを『いつ~』と訳すとき(名詞節内)は未来形で表現できます。

【まとめ】副詞節・名詞節を見抜く

whenを

①副詞節で『~とき』と訳すときは未来形ではなく現在形。

②名詞節で『いつ~』と訳すときは未来形は使用可能。

上記をおさえて問題を解いてみてください。

難しくないです!

次回はifを使った未来形の解説をしていきます。

こちらも重要な文法事項です!

実際に教室にて指導可能です。中間テスト前に気軽にどうぞお越し下さい!

お問い合わせはホームページの問い合わせフォーム、または054-330-9913までお願いします。

ブログを見ました・友達から聞きました・看板を見ました・チラシを見ました。とお伝えください。

【↓夏期講習のお問い合わせはコチラ↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA