【英語】引き続き中3必見!現在完了形(経験)の基礎~標準

静岡市葵区・駿河区で塾をお探しの皆さん。こんにちは!

思考力学習・ミス防止を徹底指導。集団指導の学習塾WINGSです。

近隣の葵小・横内小・安東小・安西小・伝馬町小、城内中・静岡東中・安東中の方々にお世話になっております。

昨日に引き続き、現在完了についてブログをアップしてまいります。

前回のブログをまだご覧になっていない方は、こちらからご覧ください。

現在完了形の経験

『経験』というワードから、日本語訳を想像できる方もいると思います。

現在完了形の経験は例えば、

『あなたは今までアメリカに行ったことがありますか。』⇒『はい。あります。』

『あなたは何回アメリカに行ったことがありますか。』⇒『私は2回そこへ行ったことがあります。』

と、過去から現在までに『その動作をしたことがあるのか』を表現するときに使います。

そして、現在完了形の基本的な作り方は変わりません。

『have+過去分詞形』です。上記のカッコ内の日本語を4つ英文に直してみましょう。(今までeverという単語です)

行ったことがあるを英語で?

ここで一つポイントです!

『行ったことがある』はgoの過去分詞形を使って『have gone to』ではありません!

繰り返しにはなりますが現在完了形とは『過去から現在までの時間の流れを』表します。

よって『have gone to』は現在まで『アメリカに行ったきり、帰ってきていない』という意味になってしまいます。

そうではなく『アメリカに行って、日本に帰ってきている』から行ったという『経験』があるのですよね?

なので『アメリカにいたことがある』という解釈をします!

存在を表すbe動詞を過去分詞形で使うのが適切となり『have been to』が正しい表現となります。

have been to ~:~へ行ったことがある。

have gone to ~:~へ行ってしまった。

こんな訳し方がふさわしいですね。

問題の解説

Have you ever been to America?

Yes, I have.

となります。

②の何回はHow many times。1回はonce。2回はtwice。3回以上は○○ times

※○○に数字を英語で入れます。3回ならthree times

How many times have you (ever) been to America?

I have been there twice.

ここで『え?been to thereじゃないの?』と思った方。

英語の問題にはこんなところにも落とし穴をつくることができます。

thereは『副詞』で『そこへ』という意味です。よって『○○へ』の『へ』を表すtoは不要です。

他にも『here』『home』『abroad』toが不要な副詞たちです。セットで覚えておきましょう。

まとめ

ここまでで『経験』の標準レベルでしょうか?

been toが良く出てくる単元だからこそ、今までの文法を細かいところまで理解しているのかが試されますね。

応用までアップする予定でしたが、長くなりそうなので本日はここまでにしておきます。

まだまだ夏期講習前の6月入塾生を募集しております。

少しでもご興味お持ちいただけた方は、是非気軽にお問い合わせください。

次回は続き『経験』の応用編をアップしていきます。お楽しみに!

お問い合わせはホームページの問い合わせフォーム、または054-330-9913までお願いします。

ブログを見ました・友達から聞きました・看板を見ました・チラシを見ました。とお伝えください。


学習塾WINGS(ウィングス)

〒420-0839

静岡県静岡市葵区鷹匠3丁目3-1 井口ビル3階

TEL : 054-330-9913

E-mail : info@juku-wings.com

アメブロ : 学習塾WINGSのブログ (ameblo.jp)

インスタ:https://instagram.com/wings_0311

公式LINEもやってます☟


【↓夏期講習説明会のご予約はコチラ↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA