【生徒紹介】好かれる塾の先生と嫌われる先生の違い・特徴って?~結局授業が全て~

静岡市葵区・駿河区で塾をお探しの皆さん。こんにちは!

思考力学習・ミス防止を徹底指導。集団指導の学習塾WINGSです。

近隣の葵小・横内小・竜南小・城北小・伝馬町小・安東小

城内中・東中・安東中の方々にお世話になっております。

久しぶりに過去の生徒さんのことをブログで紹介します。

※あくまで私が感じたストーリーです

出会いと私からの印象

愛知で集団塾の教室長として働き、いろいろあり地元の千葉県へ戻ることに。

就職先として塾を探しており縁あって個別指導塾にて勤務することになりました。

その塾に通っていた当時中学3年生の生徒さんです。

まあ全生徒さんに言えたことではあるのですが...

第一印象は『受験生としての自覚あるのか?』でした。笑

彼女からの私の印象

私が教室長として赴任する前の教室長は、とにかく緩い感じの教室長だったそうです。

個別塾だから楽しくわいわいやる。それはそれで大いに結構です。

しかし私は授業が始まったら真剣に勉強にしなさいというオーラをまき散らしておりました!笑

そんな私でしたので、はじめは相当嫌われていたと思います。

なんせ教室長なので授業を担当することもなく偉そうに教室長デスクで仕事をしていただけですから。

印象が変わったきっかけ

私は『受験生としての自覚があるのか?』と思っていて、

彼女は『指導もしないくせに偉そうにするな?』と思っており...

そんな私たちの印象が変わったのは8月の夏期講習からだと思います!

個別塾ではあるがマニュアルらしきものがなく夏期講習は教室長の自由にやってよいと。

ならば私らしく中3生を集めて一斉指導で根本から考え方を変えてやろう!

そう思い8月からはじめて彼ら中学3年生の授業を担当しました。

ご紹介している彼女は、はじめ気乗りしない感じで授業を受けておりましたが...

今までわからなかったことがわかった(理解できた)ときのリアクション過去一素敵な笑顔でしたね。

そうして授業を受け続けることで徐々に受験生としての自覚も芽生えたように思え、

私からの印象はひと夏でガラッと変わりました!

9月~受験直前まで

この一斉形式の授業は9月以降も続けていきました。(いわゆるオプション講座です)

当然強制はできませんが8月に受講してくれた3年生全員が引き続き受講してくれました。

ここからは数学の図形・関数の実践問題理科の先取りを中心に指導しました。

相変わらず数学の難問が理解できた時のリアクションは素晴らしく、

理科ははじめて習う内容のため余計な知識がないのでスッと理解してもらえた手ごたえがありました。

そして受験直前。私は合格発表の日で退職することが決まっておりましたが、

上の者の判断で急遽2月14日が最終出勤日に...(本当にしっかりしてほしいです...)

彼女と私は授業以外ではあまり話すことはなかったのですが、

最終出勤日はあえて私の注意を引くように教室長デスクの前で躓く仕草を見せてきました。笑

そのまま『先生のおかげで理科とかわからないところができるようになりました。』と。

私の勘違いかもしれませんが最後にこれを伝えるためにわざと躓いて会話のきっかけをつくってくれたのだろう。

そんな風に感じました!

好かれる先生と嫌われる先生の違い・特徴

授業をしない私はただの嫌われ者でした。

しかし授業をする私は最後には感謝されました。

結局のところ塾の人間は指導力(時にコミュニケーション能力)で評価される。

これに尽きると思います。なんせ勉強を教える場所なのですから!

さらに指導力に磨きをかけて、全生徒さんの第一志望校合格を達成します!

ちなみに講師の方から聞いたところ、その彼女は第一志望校へ合格したそうです!

お問い合わせはホームページの問い合わせフォーム、または054-330-9913までお願いします。

ブログを見ました・友達から聞きました・看板を見ました・チラシを見ました。とお伝えください。

【↓中間テスト対策授業 実施中↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA