【お知らせ】年末年始休業についてと、小学生が冬休みに重点的に復習すべき内容

静岡市葵区・駿河区で塾をお探しの皆さん。こんにちは!

思考力学習・ミス防止を徹底指導。集団指導の学習塾WINGSです。

近隣の葵小・横内小・竜南小・城北小・伝馬町小・安東小

城内中・東中・安東中の方々にお世話になっております。

残り4日で今年の全ての授業が終了します。

今週は本日と明日と28日(木)にブログをアップしますので最後までよろしくお願いします。

年末年始休業のお知らせ

塾によってはお正月特訓などもあると思いますが、

WINGSは年末年始は完全休業といたします。

年末年始休業:12月29日(金)~1月3日(水)

上記の期間は教室は開いておりません。

WINGSの公式ラインでのみ連絡可能ですので、何かございましたらラインの方でお問い合わせください。

小学生も冬期講習を頑張っておりますので、以下で小4~小6の重点的に復習しておくべき内容をご紹介します。

小学4年生の復習内容

まず何と言っても、割り算のひっ算の計算練習です。

WINGSの生徒さんはかなり練習を積んできたので、だいぶ早く正確に計算できるようになりましたね。

このわり算の計算が素早くかつ正確にできないと今後様々な場面で苦戦を強いられます。

例えば5年生の体積から逆に高さを求める問題や、単位量あたりの大きさなど。

中学に進学してからも数学はもちろん、理科でも水溶液の計算などでわり算は多く使用します!

これに加え、四捨五入を使う概数の問題も復習したいところです。

『高学年になってから』『塾は中学から』という考えは現在では通用しません!

早め早めに塾に通い対策しておくことをオススメいたします。

小学5年生の復習内容

まず最優先して復習してほしい内容は分数のたし算・引き算です。

復習というより練習の方が正しいですね。約分・通分は特に練習が必要な内容です!

さらに平均は中1の数学の序盤で頻繁に出題されます。(当然負の数を絡めてです)

また個人的に復習に力を入れてほしい内容は、単位量あたりの大きさです。

ここでの考え方、実は思考力アップにとても効果的です!

『賢い子はこうやって考えるんだよ~!』と自分も授業中よく口にします。

小学6年生の復習内容

6年生もまずは分数と小数のかけ算・わり算を中心に計算の練習を積んでほしいです。

算数・数学において、計算ミスは命取りです!

テスト中、どんなに難しい問題の解き方が閃いても計算をミスすれば点数はもらえません。

また、6年生の間に分数を使った速さの問題や、比の利用・割合は必ずマスターしてください!

中学に上がるとまずは正の数・負の数⇒絶対値の考え方、そして加法・減法を勉強しなければなりません。

つまり、中学からは中学の新しい内容を習っていくので、小学校の内容の復習に時間が取れません!

この冬休みが最後の小学生内容の復習と思い、上記のような内容中心に復習に努めてください。

まとめ

以上、各学年重点的に復習してほしい内容。

4年生⇒わり算のひっ算・概数

5年生⇒分数の計算・平均・単位量あたりの大きさ

6年生⇒分数と小数の計算・速さ・比の利用・割合

当然ですがこれは算数だけです。国語の漢字英単語も復習する必要はありますし、

理科も最低限の内容の復習は必要です。社会も都道府県は最低でも覚えておきたいところです。

WINGSでは年明けから各学年の復習も行っていきます。

速い・遅いは関係ありません!塾の必要性を感じたらまずは学習相談・無料体験から始めてみてください。

お問い合わせはホームページの問い合わせフォーム、または054-330-9913までお願いします。

ブログを見ました・友達から聞きました・看板を見ました・チラシを見ました。とお伝えください。

【↓春期講習の詳細はこちら↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA