【国語の勉強法】高校受験で合格したいなら、先生を頼れ!勉強時間に拘れ!

静岡市葵区・駿河区で塾をお探しの皆さん。こんにちは!

思考力学習・ミス防止を徹底指導。集団指導の学習塾WINGSです。

近隣の葵小・横内小・竜南小・城北小・伝馬町小・安東小

城内中・東中・安東中の方々にお世話になっております。

教科別勉強法の第3弾!国語編をアップします!

国語の勉強は後回しにされがちですが必ず対策してくださいね。

高校受験の合格のために

試験当日、まず最初の教科は国語から始まります。

つまりこの国語の出来具合で残り4教科に対するメンタルが左右されると言っても過言ではありません。

そんなトップバッターとして重要な国語の勉強ですが、

皆さんは普段何をどのように対策していますか?

今回はこれまでの私の生徒さんが、

『こう勉強したから当日の国語の点数が良かった!』と言っていた成功談をお伝えします。

1. 記述は自分で判断しないこと

特に受験生には私はよく言います。

『記述問題は自分で判断しないで先生に聞きなさい!』と。

実は、過去問を解いて全く的外れの解答を丸にする生徒さんはよくいます。

自分で正しいと思った解答だから、実際の解答と異なっていても判断できずに丸にしてしまうそうです。

※英作文や他の教科の記述問題にも言えます

なので記述問題の解答は自分で判断するのではなく、迷ったら必ず先生に質問するべきです!

そうして自分の解答とのズレに気付けたら次回から修正していく。

できる生徒さんはこのようにして記述力を高めています。

2. 試験時間にあわせて読解問題を解く

冒頭、申し上げた通りですが国語は試験のトップバッターです。

大体の都道府県では朝の9時くらいから試験がスタートすると思います。

そのまだ頭がはたらき始める前の段階でどれだけ文章を読み、理解できるかが勝負となります!

なので受験生には毎年伝えておりますが、

冬休みくらいからは朝9時の段階で文章問題を必ず1題は解くように指示を出しております!

これを続けていくことで朝の段階で文章がしっかり頭の中に入ってくる。

また文章問題を毎日解くことで文章のどこを重点的に読むべきなのかが見えてくる。

過去、国語が苦手だった生徒さんはこのようにして国語を克服しました!

また国語の過去問も本番と同じ朝9時から50分間で解くと効果的ですね。

最後に

当たり前のことは今回省きましたが、

漢字の練習、ことわざ・慣用句、四字熟語、文法などもしっかり勉強してくださいね。

また静岡は作文も出題されますので、こちらも必ず先生に添削してもらうように。

静岡県の国語は全体的に難易度は低めです!(毎年平均点も30点を超えています)

しかしだからと言って油断せずに、できることは対策して本番に臨みましょう!

中学1、2年生の皆さんは、冬期講習でしっかり初見の文章問題を対策します。

塾外の方で冬期講習をご検討されている方、是非WINGSの冬期講習も視野に入れてみてください!

お問い合わせはホームページの問い合わせフォーム、または054-330-9913までお願いします。

ブログを見ました・友達から聞きました・看板を見ました・チラシを見ました。とお伝えください。

【↓春期講習の詳細はこちら↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA