英語の重要性!小学生から習い始めるべき?いつからがベスト?

静岡市葵区・駿河区で塾をお探しの皆さん。こんにちは!

思考力学習・ミス防止を徹底指導。集団指導の学習塾WINGSです。

近隣の葵小・横内小・安東小・安西小・伝馬町小、城内中・静岡東中・安東中の方々にお世話になっております。

突然ですが、みなさん英語は好きですか?

という質問に対して、かなり意見が割れるかと思います。

『小さいころから英会話を習っていて英語が好き!』という人もいれば、

『中学から英語を習い始めて何が何だかさっぱりわからん...』という人もいるかと思います。

どちらの意見の気持ちもわかります。私も英語は得意科目でしたが、英語自体は今でも嫌いです。

もっと言ってしまえば、5教科の中でも英語は得点源ではありましたが、英語を話す・聞くは本当に苦手です。

しかし一昨年から英語もいよいよ本格化しており、小学生から英語授業が始まり、中学英語も難化しております。

ここで、光村の教科書の中学1年生、Unit1のPart1の一番はじめの文章を紹介します。

『I'm lost.』です。

自分が中学の時には考えられない文章です!

過去形を習っていなければ、不規則変化の単語がいきなり使われております。(熟語的な表現ではありますが)

これは、グローバル化が進んでいるということから、文法重視の英語ではなく表現重視の英語に変化してきているとも捉えられます。

だからこそ小学生のうちから英語が授業として行われていて、中学英語も難化してきております。

英会話という習い事が注目を浴びるのも理解できますね。

では、英語って一体いつから習い始めるのがベストなのでしょうか?

結論から言ってしまえば、早いに越したことはありません。3歳から英会話をはじめている子供もいるのも事実です。

ただ遅くとも学校の授業についていけるように、小学5年生くらいからは英語を習い事として学習するべきだと思います。

はじめは英会話からのスタートで良いと思いますが、英語に慣れてきたら塾に切り替えるべきです。

タイミングは個人差がありますので、お子様に合わせるのが良いですが、

英語をいつまでも言語感覚で音で覚えてしまうと、後々テストで失点につながります!そういった生徒を何人も見てきました。

理由は簡単で、文法を理解していないから文章にしたときに少しおかしな文になってしまいます。

さらに音と感覚で覚えて文章にするわけですから、文法のミスにすら気付かないです。

正直、将来のために会話ができるようにというのが現在の指導方針ではありますが、大人になって英語で誰かと話す機会はほとんどないです。

そういった仕事につかない限りは、ある程度の英語の文章が訳せれば十分です。

そして、文法を意識して英語の勉強をすれば必ず得点源になります。テストで聞かれている内容は文法語彙力ですから。

WINGSは小学4年生から英語の授業を行っております。

小学生は英語に慣れるため発音重視かつ文法にも触れられます。

中学生は文法を中心に、学校の教科書の内容にも触れていくため、毎回の授業が学校の良い予習となります。

英語の勉強の仕方についてもご説明できますので、気になる方は是非お話だけでも聞きにいらしてください。

問い合わせは、ホームページの問い合わせフォーム、または054-330-9913までよろしくお願いします。

ブログを見ました・友達から聞きました・看板を見ました・チラシを見ました。とお伝えください。


学習塾WINGS(ウィングス)

〒420-0839

静岡県静岡市葵区鷹匠3丁目3-1 井口ビル3階

TEL : 054-330-9913

E-mail : info@juku-wings.com

アメブロ : 学習塾WINGSのブログ (ameblo.jp)

インスタ:https://instagram.com/wings_0311

公式LINEもやってます☟

【↓GW講習会の詳細はこちら↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA