満点取れます!国語の文法~動詞の活用の種類~

静岡市葵区・駿河区で塾をお探しの皆さん。こんにちは!

思考力学習・ミス防止を徹底指導。集団指導の学習塾WINGSです。

近隣の葵小・横内小・安東小・安西小・伝馬町小、城内中・静岡東中・安東中の方々にお世話になっております。

塾で生徒さんを指導していると毎年感じることがあります。

『なぜそんなに国語の文法に苦戦しているのか...?』、と。

たしかに思い返してみれば自分も中学時代は塾で文法はしっかり教わったが、学校での授業では詳しく教えてもらった記憶があまりありません。

各都道府県によって高校入試で国語の文法が出題される県、されない県とありますが、静岡県は多少出題されます。

よって全てを解説はできないので、より出題傾向の高い『動詞の活用の種類・活用形』について、2日に分けて簡単にご説明します!

本日は『動詞の活用の種類』についてアップいたします。

動詞の活用の種類

そもそも『活用』とは何か?動詞は付属語(下に続く言葉)によって形が変わります。

【例】『歩く』⇒『歩かない』、『歩いた』、『歩けば』など。

このように歩くの『く』の部分が『か』や『い』、『け』に変わります。この形が変わることを活用と言います。

そして活用の種類は全部で5つあり、問題のときは直後に『ない』をつけると解けるようになります。

五段活用

五段活用⇒『ない』の直前が『ア段』

【例】歩く⇒歩ない 書く⇒書ない

上一段活用

上一段活用⇒『ない』の直前が『イ段』

【例】着る⇒ない 見る⇒ない

下一段活用

下一段活用⇒『ない』の直前が『エ段』

【例】食べる⇒食ない 植える⇒植ない

カ行変格活用

カ行変格活用『来る』のみ

【例】来ない、来ます、来る など。

サ行変格活用

サ行変格活用『する』のみ

【例】しない、します、勉強する など。

動詞の活用の種類 見分け方まとめ

『来る』、『~する』は一瞬で、カ行変格活用、サ行変格活用と見抜けます。

残りは動詞に『ない』を補って直前を見れば問題を解くことができます。

その際『行く』を『行けない』などと、『行ける』という可能動詞の打消し表現にしないようにだけ注意してください!

あとは問題を解き慣れるだけです。とても簡単なので是非得点源にしてください。

なかなか学校では丁寧に教われない国語の文法ですが、集団塾で指導を受ければ間違いなくマスターできます。

個別塾でも可能なところはあると思いますが、そもそも国語を指導する個別塾が少ないですからね...

明日は『動詞の活用形』について解説いたします。

ブログが良かったと思っていただけた方は是非明日も見ていってください!

冬期講習の受付もまだ可能です。冬休み期間にWINGSで一緒に勉強しましょう!

お問い合わせはホームページの問い合わせフォーム、または054-330-9913までお願いします。

ブログを見ました・友達から聞きました・看板を見ました・チラシを見ました。とお伝えください。


学習塾WINGS(ウィングス)

〒420-0839

静岡県静岡市葵区鷹匠3丁目3-1 井口ビル3階

TEL : 054-330-9913

E-mail : info@juku-wings.com

アメブロ : 学習塾WINGSのブログ (ameblo.jp)

インスタ:https://instagram.com/wings_0311

公式LINEもやってます☟

【↓中間テスト対策授業 実施中↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA