【365日】テスト前日!ですが、中学受験をする小学生へ!曜日や日付の計算~日歴算~

静岡市葵区・駿河区で塾をお探しの皆さん。こんにちは!

思考力学習・ミス防止を徹底指導。集団指導の学習塾WINGSです。

近隣の葵小・横内小・竜南小・城北小・伝馬町小・安東小

城内中・東中・安東中の方々にお世話になっております。

東中、安東中は中間テスト前日です!

本日は無理せず、夜は早めに寝ましょうね!(24時前には寝ること)

祝!365本目のブログ!

2022年3月11日に開業。4月5日授業開始。

WINGSができた2022年3月11日から本日で607日が経ちました。

コツコツ続けてきたブログも今回で365本目になります!

一度でもWINGSのブログをご覧いただけた方々!誠にありがとうございます!

業務の合間の時間に打ち続けておりますが、可能な限り週3回のペースで更新し続けます。

今回はそんな365に因んで中学受験で必須の算数の内容!日歴算(にちれきざん)を解説します!

※小中メイン、今年から高校生の指導もしておりますが、実は私、中学受験の指導経験もあります!

1. 11月7日から2月5日までの日数は?

本日から私立高校の入試本番前日の2月5日までは何日間でしょう?

実際の問題はこのように出題されます。

この日数の問題において重要な考え方は2つです!

①日数を計算によって求めることができること

②各月の日数(31日があるかないか)を知ること

例えば、10日から20日までは何日間かわかりますか?

多くの誤答は『20-10=10日間』です。

正しくは『20-10+1=11日間』です。※最後に+1をします

また31日がない月は『西向く士(さむらい)』で覚えましょう!(2、4、6、9、11月)

※11は十と一で士です

よって11月7日から11月30日までは残り『30-7+1=24日』

12月は31日。1月も31日2月1日から2月5日まで『5-1+1=5日』

よって答えは、24+31+31+5=91日間です。

2. 11月7日が火曜日だと2月5日は何曜日?

次は曜日の問題です。1週間は7日間なので周期算の考え方を利用します。

まず上記のように2月5日までは91日間あります。

これを7で割り『91÷7=13余り0』※この余りが非常に重要です!

余り0とは火曜日から数えてちょうど7日後の曜日と同じ、

つまり火⇒水⇒木⇒金⇒土⇒日⇒月なので月曜日が答えになります。

※余り1⇒火曜日。余り2⇒水曜日。余り3⇒木曜日...です。

3. 来年の11月7日は何曜日?

最後にこんな問題も出題しておきます。

日常生活でこれをパッと言える人はなかなか格好良いですよね!

ただし!来年の2月は注意が必要です!!

2024年の2月は閏年です!よって28日ではなく29日です!

なので1年366日後2024年11月6日なので、来年の11月7日367日後です。

つまり『367÷7=52余り3』余り3です!

上記の通り、余り3ならば木曜日。答えは木曜日となります。

まとめ

以上が日歴算の基本的な問題とその解法です。

上記のような内容は学校の授業では扱いません。完全に小学校の学習内容を超えております。

他にも旅人算和差算過不足算など中学受験では平気で出題されます。

本気で中学受験を目指すなら、甘い考えは完全に捨て去りましょう!絶対に無理です!!

またこういった情報は小学校ではなかなか手に入りにくいです。

もし中学受験を本気でお考えで、アドバイスがほしいといった方。

私で良ければ情報提供と学習サポートをいたします。是非一度WINGSへご連絡ください。

お問い合わせはホームページの問い合わせフォーム、または054-330-9913までお願いします。

ブログを見ました・友達から聞きました・看板を見ました・チラシを見ました。とお伝えください。

【↓中間テスト対策授業 実施中↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA