【授業の予習】テスト・入試の話を盛り込む!なぜ勉強するのか原点に立ち返る。

静岡市葵区・駿河区で塾をお探しの皆さん。こんにちは!

思考力学習・ミス防止を徹底指導。集団指導の学習塾WINGSです。

近隣の葵小・横内小・安東小・安西小・伝馬町小、城内中・静岡東中・安東中の方々にお世話になっております。

さて授業の予習シリーズ第4弾。今回で最終回になります。

本日のテーマは『テスト・入試の話を盛り込む!』です。

これは私が講師になって3年目に身に付けた予習の工夫です。

そもそもなんで勉強を教えるの?

塾の先生は、なぜ生徒のみなさんに授業で勉強を教えるのですか?

それは当然

テストで良い成績を取らせたいから!

第一志望校に合格させたいから!

ですよね?生徒さんも同じ気持ちなはずです。

テストで順位を上げたい!

第一志望校に受かりたい!

その一心で勉強を頑張っているはずです。

情報を提供しよう

ならば我々講師は少しでもそのテストに出やすい問題過去に入試で出題された問題の情報を提供すべきですよね!

しかし気を付けてください。

『この問題は去年○○中のテストで出題されたよ!』

『この問題は○○年の静岡県の入試問題とほとんど同じだよ!』

と言うだけではまだ情報不足かと思います。私なら生徒さんに、

『静岡県の関数はこういう解き方をする問題が良く出るから、今日の内容はその基礎練習になるからね!』

『静岡県は平面図形でこの考え方をする問題は出ないが、空間図形で立体を切断した時に使うからね!90°ができるでしょ?』

と具体的にどういった場面でその授業の内容が有効になるのかまでも伝えてあげますね。

生徒さんの中には『その問題だったら解けるかも!』とやる気を出してくれる方も結構いらっしゃいますよ。

知識を蓄える

これを予習の段階で考えておくのはすぐにできることではありません。

まずは自分の担当教科のみで良いので入試問題を最低過去5年分は解いてみてください。

その後、単元ごとにもう一度5年分を解いてみると傾向がわかるようになります。

そこで得た知識・情報を授業中に生徒さんにしっかり伝えてあげてくださいね。

きっと喜んでくれると思います!

最後に

4回に渡る講師さん向け、授業の予習のやり方シリーズでした。

繰り返しにはなりますが、私の意見が全て正しいわけではございません。

以前勤めていた集団塾の一番すごい先生の授業とアドバイスを参考に自分なりに工夫した予習のやり方です。

ですので何か一つでも私のブログから参考にしていただければ幸いです。

またご覧いただいております保護者の皆様へ、WINGSの授業についてはご理解いただけましたでしょうか?

ご興味お持ちいただけ際には、学習相談・無料体験が可能ですので、是非一度ご連絡してください。

お問い合わせはホームページの問い合わせフォーム、または054-330-9913までお願いします。

ブログを見ました・友達から聞きました・看板を見ました・チラシを見ました。とお伝えください。

いつもブログを見てくださり、誠にありがとうございます。


学習塾WINGS(ウィングス)

〒420-0839

静岡県静岡市葵区鷹匠3丁目3-1 井口ビル3階

TEL : 054-330-9913

E-mail : info@juku-wings.com

アメブロ : 学習塾WINGSのブログ (ameblo.jp)

インスタ:https://instagram.com/wings_0311

公式LINEもやってます☟

【↓夏期講習説明会のご予約はコチラ↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA