【英語】静岡東高生の1年生へ!助動詞+完了形の解説

静岡市葵区・駿河区で塾をお探しの皆さん。こんにちは!

思考力学習・ミス防止を徹底指導。集団指導の学習塾WINGSです。

近隣の葵小・横内小・竜南小・城北小・伝馬町小・安東小

城内中・東中・安東中の方々にお世話になっております。

まだまだ続きます!高校英語の助動詞の解説!

今回は助動詞+完了形について学習していきましょう!

前々回⇒助動詞の推量表現

前回⇒wouldとused toの違い!had betterの使い方

過去形のない助動詞

例えばcan(~できる)に対して、過去形のcould(~できた)というのが存在します。

しかしmust(have toではなくmust自体に)shouldなどに対しては過去形は存在しません。

過去形のない助動詞をいくつか紹介します。

推量で使用するcan't・may・must、その他need・shouldなど。

※推量のcouldn'tは存在しますが『~のはずではないですか』といった控えめな表現で過去は表せません

上記のような助動詞で過去の表現(~したはずがない。など)を表したい時に完了形を使用します!

1. can't・may・must+完了形

【例1】トムは外出したはずがない。

Tom can't have gone out.

【例2】ルーシーは電車に乗り遅れたかもしれない。

Lucy may have missed the train.

【例3】ティムは病気だったに違いない。

Tim must have been sick.

【例題】( )に適する文を書きなさい。

A. I saw Mr.Sato at Tokyo Station.

B. You ( ). He's still on vacation in Hawaii.

文脈から判断しましょう!Aは『東京駅で佐藤さんを見かけたよ。』と言っており、

Bは2文目で『彼はまだハワイで休暇中だよ。』と言っております。

つまり『東京駅で佐藤さんを見たはずがない』という文を作れば良いので答えはcan'tを使った過去の表現、

can't have (seen him there) くらいで書けておれば正解です!

2. need・should+完了形

【例4】We need not have taken a taxi.

日本語訳を考えてみてください。自分なりの訳が取れたら以下で答え合わせです。

私たちはタクシーに乗る必要はなかった。(のに、乗ってしまった。)

最後に後悔の余韻が残る文です!『のに』まで解答しても○がもらえるくらいです!

【例5】She should have stayed there.

彼女はそこに滞在するべきではなかった。(のにいてしまった。)

こちらも同様後悔のニュアンスが残る文です。あわせて理解しておきましょう!

まとめ

以上が過去形が存在しない助動詞の過去を表す文のつくり方です。

『助動詞+完了形』しっかりマスターして空欄補充日本語訳の問題でミスをしないようにしましょう!

ここまででようやく助動詞の内容の4分の3が終了しました...

次回でラストです!次は週明け6月20日(火)に更新予定です。

長い長い文法事項ですが暗記するところは暗記する、理解するところは理解する。

これで乗り切りましょう!ご質問点があれば教室まで!

お問い合わせはホームページの問い合わせフォーム、または054-330-9913までお願いします。

ブログを見ました・友達から聞きました・看板を見ました・チラシを見ました。とお伝えください。

【↓中間テスト対策授業 実施中↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA