【入試】本当の情報戦とは?今年の静岡県公立一般入試の理科を予測します!

静岡市葵区・駿河区で塾をお探しの皆さん。こんにちは!

思考力学習・ミス防止を徹底指導。集団指導の学習塾WINGSです。

近隣の葵小・横内小・安東小・安西小・伝馬町小、城内中・静岡東中・安東中の方々にお世話になっております。

私立高校の入試までもあとわずかです。

大手の塾さんに通われている方は、静岡県の入試のシステムについてたくさん学んでいるかと思います。

静岡県の高校入試

静岡県では2月1日、2日に私立高校の入試が行われます。

初日がテスト(3教科・5教科両方あり)、2日目が面接の学校がほとんどです。

よって静岡県の私立高校は原則1校受験です!

その私立の結果を基に公立高校の受験を決めていきます。

公立入試の本番は3月のはじめです。(今年は2日・3日)

入試は情報戦?

昔からよく言われます。『入試は情報戦だ!』と。

確かにその通りだと思います。情報を集めて有利に戦う。立派な作戦ですよね。

そもそも入試の知識や、静岡県の入試の傾向を知らなければ効率を求めた勉強・対策は不可能です。

しかし情報やデータだけにとらわれすぎるのもまた危険です。

実際の入試ではそのデータを上回る問題も出題される可能性があるからです。

※例えば去年の千葉県では数学の傾向が大きく変わりました。

静岡県の理科について

静岡県では2016年度から理科の難易度が極端に上がりました。

2年連続で平均点が20点を下回るほどの難化でした。

しかしここ最近ではまた理科も平均点が戻りつつあります。

過去5年を見てみますと2018年度は22.5点でしたが、それ以降4年連続で26点を超えてきています。

ここで少し考えてみてください。

『静岡県。高校入試。平均点。』で検索して、過去何年分のデータが一番出てきやすいと思いますか?

結論から言います。過去5年分のデータです。

今年度仮にまた理科の平均点が26点を超えたとします。

2018年度のデータが消え今年度を含めた過去5年分の平均点が全て26点を超えることになります。

実は理科において過去5年分のデータがほぼ似たり寄ったりの点数になることはほとんどありません!

よって今年度はまた理科が難化する可能性は高いです。

具体的にどの分野が出題されるか。詳しくは教室にてお話いたします!

まとめ

このようにしっかり分析をすることにより、今年度の難化・易化が予測できます。

つまり情報やデータだけを信じて勉強するのは少し危険です。

そこから考えられる今年度の予測をたてて勉強することが重要です。

WINGSはまだまだ1年目の新しい塾ですが、こういった点数を取るための分析ならどの塾にも負けない自信があります。

授業を通して生徒さんにもこういったお話はしております。

貴重な情報を基に効率良く勉強したい方、是非WINGSで一緒に頑張りましょう!

お問い合わせはホームページの問い合わせフォーム、または054-330-9913までお願いします。

ブログを見ました・友達から聞きました・看板を見ました・チラシを見ました。とお伝えください。

【↓夏期講習説明会のご予約はコチラ↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA