【理科】小学生は塾で理科・社会を習うべき?小6と中3の内容はほぼ同じです!

静岡市葵区・駿河区で塾をお探しの皆さん。こんにちは!

思考力学習・ミス防止を徹底指導。集団指導の学習塾WINGSです。

近隣の葵小・横内小・竜南小・城北小・伝馬町小・安東小

城内中・東中・安東中の方々にお世話になっております。

安東中もテストが終わり、来週あたり結果発表ができそうです。

8月から対策してきた成果が出たのか、今から楽しみです!

小学生から理科・社会を習う必要ってある?

もう結論から言います!100%習った方が良いです!!

特に5,6年の内容は中学内容の基礎になります。

この仕事をやっているからわかります。

中学で勉強に苦労しない生徒さんの共通点は、小学生から塾に通って勉強を頑張っている子たちです!

しかしただ塾に通っているだけではダメです!

5教科の授業を真面目にかつ楽しく受けて宿題もしっかりやってくる子が中学で上位を取れます!

その理由を以下で説明しますね。

1. 小学5,6年内容の理科

例えば小5の理科ははじめに天気の内容を習います。(雲の形や特徴など)

またこの時期になると水溶液の分野からものの溶け方を学習します。

このものの溶け方ってまさに今中1が習っている内容なのです!!

溶解度・飽和水溶液についての解説はこちらからどうぞ!

また6年生が今学習している月や太陽の動き水溶液の性質・金属との反応は、

中1でも習い、中3の化学・地学分野でも習う内容の基礎になるのです!

なので小学生から塾である程度中学の内容まで習っておくだけでも相当有利になれます!

2. 社会の歴史・公民って実は...?

中1から地理と並行して習っていく歴史の内容。

実は小学6年生でほぼ全て習っている内容の肉付け程度なのです!

当然WINGSに通っている生徒さんへは中学内容まで簡単に教えています!

また6年生の前半の公民の内容現在中学3年生さんが習っている内容の基礎です。

政治分野・経済分野は実は小学6年生の段階である程度習っているのです!

また地理に関しても5年生の内容が中学内容に生きてきます。

日本の工業地域・地帯の特徴や、海外の国名・大陸名などは5年生の内容で習っているのです!

よって真面目にコツコツ暗記できている生徒さんは中学で社会に困ることはありません。

3. その他の3教科

今回のテーマからは外れますが、算数・国語・英語については言うまでもありません。

算数は小学生からしたら理解が難しい『速さ・割合・平均・比』の問題が数学では文字を使って解かなければなりません。

国語は初見の文章問題は練習が必要です!

いきなりは解けるようになるのは不可能に近いです!

『英語は英会話塾に通っているから...』

こういった小学生が一番危険です!!

少し前までは私は小学生の英会話を賛成派でしたが、最近の英会話塾へは不信感しかありません。

全く内容が身についていないどころか、高校内容まで教えているらしく中学英語の知識の邪魔にしかなりません!

※WINGSでそういった生徒さんを複数人見てきました。

塾で単語の練習を中心に文法を習って英文が書けるようになる方が絶対にお子様のためになります!

まとめ

大事なことは何度でも言います!

小学生(特に5年生くらい)からは5教科の塾に通わせることが非常に重要です!

実際今年も小学生からWINGSに通っていた生徒さんは中学でも結果を出し続けています!

もちろん中1から新しく入塾した生徒さんも、できる生徒さんを見て負けじと頑張って結果を出しています!

周りを見て自分も頑張る。集団ならではですよね!

WINGSは小学生へは個別指導を実施しています。

他に習い事をしていても低価格で通いやすいのが特徴です!

中学で苦労したくない!そんな皆さんからのご連絡お待ちしております!

まずは学習相談・無料体験から受け付けております。

お問い合わせはホームページの問い合わせフォーム、または054-330-9913までお願いします。

ブログを見ました・友達から聞きました・看板を見ました・チラシを見ました。とお伝えください。

【↓中間テスト対策授業 実施中↓】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA